FC2ブログ
soon
ブログが新しくなりました。新しい更新はこちらから行います。BMKZ!?HEYBOY!!!

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年11月15日 (12:39)

DJ-つなぎ(ミックス)-1 -BPMの合わせ方-

前回(4年前)に書いた記事のまとめ

・慣れろ
・小節を気にしろ
・同じレコード2枚買って練習してみろ

具体的なことは何も書いていないので改めて書いてみたいと思います。
曲をつなぐまでの流れをざっくり説明すると…

1-BPMを合わせる
2-つなぐポイントを決める
3-フェードイン(カットイン)してつないでいく



BPMについて

BPMはBeats Per Minuteの略で、数値は一分間における拍数を表しています。
基本的には再生されている曲に対して早いか遅いかを判断しピッチ※1を合わせていきます。


ポイント!!

・一定のリズムで鳴っている聴きやすい音で合わせる
合わせ易いのはスネアです。スネアがない場合はやはりキックが良いかと思います。

・リリースのタイミング
手で押さえていたレコードを離すことを"リリース"と呼びます。リリースはBPMを合わせるだけでなく、ミックスにおいてかなり重要な要素です。BPMを完璧に合わせていてもリリースのタイミングがズレてしまっては意味がありません。これは練習するしかないと思います。手で覚えましょう。CDJの場合はCUEとPLAYボタンがあるので比較的楽です。その辺りに関してはミックスの説明で書くつもりです。



手順

1-スネアでスクラッチするイメージでズコズコ擦りながら、再生中のスネアに合わせてリリースして下さい。
2-再生中の曲を基準にピッチコントローラーで調整します。
3-1と2を繰り返しできるだけ同じBPMにしていく。


ターンテーブル(アナログ)の場合、レコード(ターンテーブル)を一瞬押かセンタースピンドル※2をぎゅっと握るなど手動で速さを合わせながらピッチコントロールを調整します。
その方が早く合わせられます。これはミックス中も使えるテクニック。

以上です。

次回は「曲中のどの部分でミックスするか」
soon...

分解可能な簡易DJテーブル。

※1 ピッチ:音の高低。再生スピードが変化する=音の高低が変化する。
※2 センタースピンドル:ターンテーブルの中心にあるレコードを差し込む乳首のようなぽっち。

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://bmkz.blog96.fc2.com/tb.php/178-f3edbe4c
sponsored link
最新記事
Menu
  • DJをはじめたい(13)
  • MIX CDの作り方(8)
  • MPCの使い方(8)
  • DJのはなし(14)
  • 機材・DJグッズ(32)
  • 日記(26)
  • SeratoScratchLive(4)
  • rocman420(0)
  • レコメンド(9)
  • PV(4)
  • Ableton Live(0)
  • apple(8)
  • iPhone APP(12)
  • タイ(2)
Search
Link
RSSフィード

Appendix


HEY BOY!!!




スケボーのランプで遊べます


才色兼備なポータブルスピーカー


おすすめコントローラー


複数のデバイスで音楽アプリを遊ぶなら必須


HEY BOY!!!
放射能除去で話題のゼオライト&活性炭の浄水器!待望のサーバータイプ登場!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。