FC2ブログ
soon
ブログが新しくなりました。新しい更新はこちらから行います。BMKZ!?HEYBOY!!!

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年03月20日 (04:30)

MPCの使い方-2 ~ループとTRACK MUTE~

前回は小節について書いてみました。ビート(トラック)を作りたい人に対して説明する必要はないと思いましたが、ビートの作り方を理解する上でかなり重要なので一応書いておきました。今回で作り方…というか考え方がわかると思います。PADの使い方を通してビートの作り方を理解していきます。

早速ですが、MPCと言えば16個ある四角いゴムのPADです。
見ればわかることですが…
左下にあるPADがPAD 1です。そして一番右上にあるのがPAD 16になります。

さて…

PADは何に使うのか!?


①16個のPADに音を振り分けて…そして叩く。
これはMPCを持っていない人でもなんとなく想像できることでしょう。サンプリングした音をPADに振りわけて叩くと音が鳴ります。音をPADに振り分けることをアサインと言うので覚えておくと良いでしょう。PADが16個しかないからと言って、音を16種類しかアサインできないわけではありません。バンクA~Dまで4つあるので、16×4で64。つまり、一つのプログラムで64種類の音をアサインすることができます。A~Dのバンクはボタン一つでチェンジできます。ちなみにMPC500のPADは16個じゃなくて12個。



②TRACK MUTEのON / OFF
PADの上にあるのがTRACK MUTEボタンです。TRACK MUTEを押したら、PADの機能がTRACK MUTEのON /OFF切り替えになります。パッドの使い方として次に重要なのがこれ。

と言っても意味わからないと思います。ここで前回の「4小節区切りで展開していく」あの話を思い出してください。4小節で展開しているということは「色んな4小節をループさせて展開を作っている」ということです。つまり曲を作るために何をするかっていうと…キック、スネア、ハイハット、ベース、ピアノ等の各サウンドをそれぞれ4小節ずつ録音して、同時に再生するってこと。

例えば…
TRACK 1にドラム
TRACK 2にピアノ
TRACK 3にベース

すごくアバウトですが、上記のように各サウンドをTRACK 1~3まで4小節ずつ録音したとします。この4小節をループさせて、タイミングよく各TRACKの音をON /OFFできたら展開を作れると思いませんか?つまり、TRACK MUTEとは、各トラックのON/OFFをPADによってタイムリーに切り替えることができる機能なんです。TRACK 1はPAD 1…TARACK 2はPAD 2というようにリンクしています。最初はTRACK 1のドラムだけONにしたまま再生させます。次の4小節に入った瞬間、TRACK 2,3(PAD 2,3)を同時に押してベースとウワモノを足したら展開が生まれるわけです。この要領で、8小節、16小節ごとに展開を変えば、ラップの部分やフックの部分に曲調の変化をつけることができるわけです。音の抜き差しで展開を作るのがビートメイクです。今回の説明ではTRACK 1にドラムとなっていますが、本来TRACKわけはもっと細かく、キック、スネア、ハイハット、それぞれ別々のTRACKに録音したりします。そうすることによって、より細かい展開をつけることができるからです。ただ、サンプリングしたドラムをそのままループさせるような時もあるので、時と場合によってということを忘れないで下さい。ビートメイクにおいて固定観念は敵だと思います。とにかく、4小節のループが完成したらビート完成です。あとはループさせながらTRACK MUTEを押してPADを使い展開をつけて遊んでいればいいわけです。ちなみに、TRACKも16×4の64トラックまで使えます。ちなみに、その展開をMPCに覚えさせることが最終工程。

とりあえず…
PADは叩いて音を鳴らすだけではなく、タイムリーにTRACK(それぞれの音)をON/OFFする為にも使うということです。そして何より曲の展開=トラックのON/OFFだと思ってほしいわけです。
MPCが人気なのはこの直感性なのでしょう。
追々、操作方法を交えながら具体的に説明していくつもりです。

MPCの使い方-3 ~サンプリングの方法①~に続く…

AKAI MPC STUDIO

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

良かったです☆

お役にたててよかったです☆僕はMPC2000XLしか持っていないので…2500や1000のことについてはわかりません。ただ、トラックを作る上での根本的名考え方は同じだと思います。最近忙しくてさぼり気味になっていますが、時間があれば書いていきますので、よろしくお願いします☆

初めまして^^,MPC500のMUTE機能がPAD1だけしか効かず「ナゼ?」と困ってた時に、このサイトを見つけました。
BMKZさんの説明でTRACK1,2,3..と分けて録音しないとMUTEって効かないんだなと初めて知りました。
MUTE画面でそのまま叩いたPADがMUTEされるものだと思っていたので....
今日からグッスリ眠れそうですw
ありがとうございました、本当に感謝してます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。
説明が下手で解りづらい所も多々あると思いますが、
がんばって更新しますのでよろしくお願いします☆

たまたまアクセスした時にサイトを見つけました!始めまして、管理人さんのような人が傍にいてくれたら本当にン助かるのですが、MPC2500、1000、500の情報を続けて更新してくれると毎日だって見ちゃいそうです!管理人さんにも質問とかしちゃうかもしれないですが長い目で見て下さい!更新してくれるのを楽しみにしてます!

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://bmkz.blog96.fc2.com/tb.php/44-420b0c42
sponsored link
最新記事
Menu
  • DJをはじめたい(13)
  • MIX CDの作り方(8)
  • MPCの使い方(8)
  • DJのはなし(14)
  • 機材・DJグッズ(32)
  • 日記(26)
  • SeratoScratchLive(4)
  • rocman420(0)
  • レコメンド(9)
  • PV(4)
  • Ableton Live(0)
  • apple(8)
  • iPhone APP(12)
  • タイ(2)
Search
Link
RSSフィード

Appendix


HEY BOY!!!




スケボーのランプで遊べます


才色兼備なポータブルスピーカー


おすすめコントローラー


複数のデバイスで音楽アプリを遊ぶなら必須


HEY BOY!!!
放射能除去で話題のゼオライト&活性炭の浄水器!待望のサーバータイプ登場!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。