FC2ブログ
soon
ブログが新しくなりました。新しい更新はこちらから行います。BMKZ!?HEYBOY!!!

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月12日 (05:26)

【Mixer-1】

前回は【Turntable】について書きました。ミキサーってなーに?っていう人はここで予習。もう知ってる人は【Mixer-2】にとんでください。

ミキサーの役目はなんとなくわかっていると思います。二つのターンテーブルから流れてくる音はミキサーに入ってきて、DJがミックスした音をアンプやスピーカー・コンポに出力します。

一般的なミキサーについている機能を説明しておきます。


今回はテクニクスのMIXERを使って紹介していきたいと思います。


クリックでサイズアップ


①クロスフェーダー
スクラッチしているDJがコスコス動かしているのがクロスフェーダーです。フェーダーを右に寄せれば右のターンテーブルの音が流れ、左もまた然り。センターにもってくると当然左右両方の音が流れます。四つ打ちをプレイするDJはセンターにフェーダーを動かしたときに左右の音が同じ大きさになるように設定しています。クロスフェーダーのカーブ(キレ)を調節できるミキサーもあります。HIPHOP DJやBATTLE DJはクロスフェーダーのキレ・耐久性を気にしたいところです。

②チャンネルフェーダー
俗に言う縦フェーダーです。各チャンネルごとについています。音の大きさを調整することができます。左のチャンネルフェーダーを下げると左のターンテーブルの音が小さくなります。スタイルやジャンルによってクロスフェーダーとチャンネルフェーダーの使い方は違います。

③トリム(TRIM)
これは各チャンネルにのチャンネルフェーダーの最大の音を設定するところです。

④イコライザー(EQ)
トリムの下にあるイコイザー。各チャンネルごとのHI(高音)とLOW(低音)の調節ができます。基本的なHIPHOP DJ向けのミキサーはHIとLOWの2バンドEQが多いです、ハウスやテクノなどの四つ打ちDJ向けのミキサーには、HI・LOW・MIDの3バンドEQがついています。3バンドの方がより細かく音をいじれることになります。最近のミキサーはHIPHOP向けでも3バンドが多いです。

⑤モニター
ヘッドフォンの音量を調節できるツマミです。

⑥バランスとモニター切り変えスイッチ
テクニクスの場合その上にバランスのツマミがあります。ツマミを右に回すとCUEになりどちらかの音を聴くことができます。ヘッドフォンで聴きたい時レバーを左にすると左の音が聴こえてきて右にすると右の音が聴こえてきます。またバランスのツマミを右に回すとマスターの音(最終的にスピーカーに流れる音)を聴くことができます。マスターを聴くことができるということは、深夜ヘッドフォンだけでスクラッチの練習とかできちゃいます。

⑦PHONO/LINEの切替
各チャンネルごとにPHONE/Line二つの切り替えができます。つまり、各チャンネルのPHONOにタンテ、LINEにCDJをつないでおけばスイッチ一つで切り替えられちゃいます。

⑧マスター
最終的にスピーカーに流れる音量の調整ができます。


という感じで説明してみました。
ポイントは目的によって必要な機能が違ってくるということでしょう。
さらに詳しくそして理解できるように…
【Mixer-2】につづく



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://bmkz.blog96.fc2.com/tb.php/6-fea9382f
sponsored link
最新記事
Menu
  • DJをはじめたい(13)
  • MIX CDの作り方(8)
  • MPCの使い方(8)
  • DJのはなし(14)
  • 機材・DJグッズ(32)
  • 日記(26)
  • SeratoScratchLive(4)
  • rocman420(0)
  • レコメンド(9)
  • PV(4)
  • Ableton Live(0)
  • apple(8)
  • iPhone APP(12)
  • タイ(2)
Search
Link
RSSフィード

Appendix


HEY BOY!!!




スケボーのランプで遊べます


才色兼備なポータブルスピーカー


おすすめコントローラー


複数のデバイスで音楽アプリを遊ぶなら必須


HEY BOY!!!
放射能除去で話題のゼオライト&活性炭の浄水器!待望のサーバータイプ登場!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。